どれがいい?21種類のパーソナルトレーナーの資格一覧<おすすめは3種類> 

どれがいい?パーソナルトレーナーの資格一覧<おすすめ3種類を徹底比較> 

/種類を把握すれば失敗しない資格選びができる\
  • パーソナルトレーナーの資格にはどんな種類があるの?
  • 資格の特徴や難易度が知りたい!
  • おすすめの資格はどれ?

パーソナルトレーナーの資格の種類やその全体像をしらずに、本来の活動や目的に直結しない資格取ってしまう人は多いです。

本記事では、主要なフィットネス団体が発行するパーソナルトレーナーの資格一覧からどの資格を目指すべきかまでまとめて解説します。

  • 著者はNSCA-CPTの資格を保有
  • パーソナルトレーナーの資格情報に精通
  • トレーナー資格の認定団体の公式サイトから情報を引用

記事を読めば、あなたが取るべきパーソナルトレーナーの資格がわかります。

【結論】NSCA-CPTがおすすめ

  • パーソナルトレーナー関連の資格の種類は21以上
  • 目的や理念が違うため資格の単純な難易度比較はできない
  • 初めて資格を取る人は以下の3種類から選ぶのがおすすめ
    • NSCA-CPT
    • NESTA PFT
    • JATI

【よく読まれている記事】

 

パーソナルトレーナーの資格とは

 

パーソナルトレーナーに資格はいらない!?無資格のデメリットも解説」で解説したとおり、パーソナルトレーナーになるための条件はなく、すぐにトレーナーを名乗ることができます。

なぜならパーソナルトレーナーを名乗るための必須資格がないためです。

パーソナルトレーナーの国家資格はない

日本にはパーソナルトレーナーの国家資格はありません。

すぐに知識と技術があれば、すぐにトレーナーとして活動できます。

 

一方、いくらトレーナーを名乗っても、トレーニング指導をするための正しい知識や技術がないとクライアントはつきません。

そうした状況を回避するための資格があります。

これから紹介する資格は必須ではありません。

しかし、あなたのパーソナルトレーナーとしてのキャリアに確実にプラスに働きます。

 

どれがいい?パーソナルトレーナーの種類別資格一覧

以下が、パーソナルトレーナーに関連する資格一覧をまとめたものです。

主要なフィットネス関連団体が発行しているだけでも21もの種類があります。

資格認定団体
1NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)National Strength and Conditioning Association (NSCA)
2NSCA-CSCS(NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)National Strength and Conditioning Association (NSCA)
3NESTA PFTNESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)
4トレーニング指導者(JATI-ATI)特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会
5上級トレーニング指導者(JATI-AATI)特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会
6特別上級トレーニング指導者(JATI-SATI)特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会
7NSPA-CPT(NSPA公認パーソナルトレーナー)National Strength  Professionals Association
8NASM-CPT(NASM認定パーソナルトレーナー)National Academy of Sports Medicine(全米スポーツ医学アカデミー)
9NASM-PESNational Academy of Sports Medicine(全米スポーツ医学アカデミー)
10AFAA PFT(AFAAパーソナルフィットネストレーナー認定)JAPAN WELLNESS INNOVATION
11AFAA RT(AFAAレジスタンストレーニング認定)JAPAN WELLNESS INNOVATION
12JSPO-AT(JSPO認定アスレティックトレーナー)公益財団法人 日本スポーツ協会(JSPO)
13JSPO認定スポーツプログラマー公益財団法人 日本スポーツ協会(JSPO)
14JATAC-ATC(JATAC認定アスレチック・トレーナー)特定非営利活動法人 ジャパンア・スレチック・トレーナーズ協会
15JHCA-FC(JHCA フィジカルコンディショナー)特定非営利活動法人 日本ホリスティックコンディショニング協会
16JHCA-HC(JHCA ホリスティックコンディショナー)特定非営利活動法人 日本ホリスティックコンディショニング協会
17JHCA-HCAD(JHCA 上級ホリスティックコンディショナー)特定非営利活動法人 日本ホリスティックコンディショニング協会
18公認トレーニング指導士公益財団法人 日本スポーツ施設協会
19健康運動指導士公益財団法人 健康・体力づくり事業財団
20健康運動実践指導者公益財団法人 健康・体力づくり事業財団
21柔道整復師公益社団法人 日本柔道整復師会

中規模や小規模のものも含めれば、上記以外にもまだまだたくさんの資格があります。

 

パーソナルトレーナーの資格の難易度比較について

上記の資格一覧の難易度についてですが、単純に難易度だけで比較するのは難しいです。

なぜなら、それぞれの団体によって認定試験の内容や評価軸が異なるからです。

また、理念や目的もそれぞれですので、資格を取る難しさを評価することは意味もありません。

 

同一団体が認定する資格には難易度(レベル)があるものも

同一団体が認定する資格には難易度(レベル)があるものも

一方で、同じ資格について難易度を設けている団体もあります。

例えば、日本トレーニング指導者協会が発行している「JATI」などは、資格のレベルが3段階にわかれています。

資格難易度
トレーニング指導者(JATI-ATI)
上級トレーニング指導者(JATI-AATI)高い
 特別上級トレーニング指導者(JATI-SATI)とても高い

上位の資格を取るためには、次のような必要な審査や試験を受ける必要があるため、「(同じJATIであれば、)JATI-SATIは、難易度が高い」と言えます。

  • 筆記
  • 実技
  • 小論文

 

パーソナルトレーナーの主要な3種類の資格を徹底比較

それではパーソナルトレーナーの資格はどれを選べばよいのでしょうか?

結論から言うと、主要なトレーナー認定団体が発行する以下3つの資格の中から選ぶのが一般的です。

  1. NSCA-CPT
  2. NESTA PFT
  3. JATI-ATI

(もちろん「これ以外の資格がよくない」という意味ではありません)

資格本拠地概要取得条件資格取得費用(税込)知名度
NSCA-CPTアメリカ研究に基づく知識と現場での応用を普及できる人材の認定
  • NSCAジャパン会員
  • 満18歳以上
  • 高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験合格者
  • CPR/AEDの認定者
  • 認定試験への合格
46,000円
NESTA PFTアメリカ身体に関する専門的知識・実践的技術はもちろん、ビジネススキルも含めた総合力のある人材の認定
  • NESTA PFTテキストの購入
  • 満18歳以上
  • 高等学校卒業以上の者、高等学校卒業程度認定資格試験合格者
    (またはNESTAが認定する教育カリキュラム修了者)
  • CPR/AEDの認定者
  • 日本国籍または、日本での就労可能な在留資格の保有
72,500円
JATI-ATI日本一般の人からアスリートまでを対象にそれぞれの目的に応じて、科学的根拠に基づく適切な運動プログラムの作成・指導ができる人材の認定
  • JATIの正会員
  • 大学、または高等学校卒業者
  • 養成講習会の受講(審査あり)
  • ワークノート提出
  • 認定試験への合格
55,000円

上記表のとおり、試験を受けるための条件や受験費用が異なります。

何より、それぞれ特徴があるので順番に解説します。

 

おすすめ資格:NSCA-CPT

1978年に創設されたNSCAは、世界76カ国・地域で活動している歴史あるフィットネス団体です。

一般的なスポーツクラブやジムの採用時に優遇されることからもおすすめの資格と言えます。

 

NSCA-CSCSとの違い

NSCAにはCPTとCSCSの2種類あります。

両者の最大の違いは、指導対象です。

以下の通り、CSCSは、アスリートの指導に特化しています。

指導対象学習範囲難易度
NSCA-CPT一般~アスリート広い高い
NSCA-CSCSアスリートやスポーツチーム極めて広い極めて高い

一般クライアントを対象にパーソナルトレーナーとして活動するのであれば、NSCA-CPTで十分です。

NSCA-CPTは高卒以上であれば受験資格があるという点も受験しやすい資格と言えます。

なお、CSCSの受験資格は以下となります。

学位(学士・修士・博士)取得者、または高度専門士の称号の保持者

資格認定条件

 

 

おすすめ資格:NESTA PFT

NESTAは、1992年から活動している米国カリフォルニアに本拠地があるパーソナルトレーナーの資格認定団体です。

 

おすすめ資格:JATI-ATI

JATI、日本トレーニング指導者協会は、2006年に日本で設立された特定非営利活動法人です。

なお、NSCA-CPTを養成講習会の受講・自己学習課題(ワークノート)の提出が免除されます。

こうした点からもNSCAの信頼性は高いと言えます。

 

以下を目指していくのがいいでしょう。

 

 

 

パーソナルトレーナーの資格で迷ったらNSCA-CPTがおすすめ

前述の主要な資格であれば、どれを取ってもトレーナーとして活動できます。

「その中でも一番のおすすめは?」と聞かれた場合は、「NSCA-CPT」と回答するようにしています。

NSCAをおすすめする理由は以下です。

 

 

保有資格

 

著名人の保有割合が多い

ジムの代表クラスのトレーナーの多くが、NSCAを持っています。

例えば、筋肉博士でおなじみの日本を代表するトレーナー・山本義徳先生もNSCAの資格を保有されています。

山本 義徳 | 東京都 | BFRトレーナー | BFRトレーナーズ協会
BFRトレーニング協会所属の東京都のBFRトレーナー山本 義徳です。

 

どれか迷った場合、個人的にはNSCAがおすすめです。

 

「」で紹介しているところがおすすめです。

NSCA、NESTAの両方に対応しています。

 

まとめ:パーソナルトレーナー資格一覧から目的に合ったものを選ぼう

主要なフィットネス系団体が認定するパーソナルトレーナー関連資格一覧、そして「その中からどの資格を目指すべきか」まで解説してきました。

 

はおすすめです。

  1. NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)
  2. NESTA PFT
  3. JATI-ATI トレーニング指導者

 

 

  1. NSCA-CSCS(NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
  2. NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)
  3. NESTA PFT
  4. NSPA 公認パーソナルトレーナー
  5. JATI-ATI トレーニング指導者
  6. JATI-AATI 上級トレーニング指導者
  7. JATI-SATI 特別上級トレーニング指導者
  8. JHCA フィジカルコンディショナー(FC)
  9. JHCA ホリスティックコンディショナー(HC)
  10. 日本体育施設協会トレーニング指導士
  11. NASM PES
  12. NASM CPT
  13. AFAA-RT・PFT
  14. スポーツ指導基礎資格
  15. スポーツプログラマー(公益財団法人日本スポーツ協会)
  16. JASA-AT(公益財団法人 日本スポーツ協会)
  17. 健康運動指導士(財団法人健康・体力づくり事業財団)
  18. JATAC-ATC(ジャパンアスレチックトレーナーズ協会)
  19. 柔道整復師(国家資格)

21

 

 

 

 

コメント