NSCAは独学で取れるけど…パーソナルトレーナーの資格、ホントに必要?

/独学で資格取得できる人の条件までを徹底解説\

「パーソナルトレーナーの資格って必要?」

「NSCAの資格って独学でとれるの?」

「NSCAの資格って具体的にどう役に立つの?」

これらの疑問を整理できていないばかりに、遠回りしてしまうケースは非常に多いです。

本記事では、認定パーソルトレーナーの資格の必要性から独学で取得できるのかどうかまでをまとめて解説します。

【記事の信頼性】

  • 著者は、NSCA-CPT(米国認定パーソナルトレーナー)の資格保有者
  • 自身はスクールに通い資格を取得
  • 独学とスクールそれぞれの方法で資格取得した人へのヒアリングも実施

この記事を読めば、NSCA認定資格のメリットからあなたが独学で資格を取得できる条件に当てはまるかどうかがわかるので、次の具体的なアクションを起こせます。

【結論】資格が無くてもパーソナルトレーナーは名乗れる

  • 資格取得自体に意味はないが、メリットはある
  • 資格取得までにかかる期間
    独学:約1年2か月
    スクール:最短2か月/平均6か月
  • 以下ができるなら独学でOK
    出題傾向や各種手続の把握/過去問入手/実技指導

 

もし、自己投資も検討するのであれば、「2か月で資格取得が可能なオンライン個別授業型のトレーナー育成スクールレビュー」で一番おすすめのスクールをレビューしています。

 

  1. 資格不要!?パーソナルトレーナーになりたいなら今すぐなれる
    1. NSCAの資格持ってるからといって稼げるわけではない
  2. パーソナルトレーナーの資格「NSCA」とは
    1. NSCA以外のパーソナルトレーナーの資格との比較
      1. NESTA-PFT
      2. JATI-ATI
    2. NSCAの認定資格を選んだ理由
  3. NSCAの取得、会員のメリット
    1. ①各種NSCA認定者特典が受けられる
    2. ②フィットネス普及のための正しい知識が身に付く
      1. ①ジャーナルによる良質なインプットができる
      2. ②自身のトレーニングへ知識を応用できること
      3. ③情報の正誤判別ができるようになること
    3. ③権威性が身に着く
  4. パーソナルトレーナーの資格は不要!? NSCAのデメリット
  5. 独学でNSCAの資格をとれる人の条件
    1. まったくの”ゼロ”から教科書のみでの独学をオススメしない理由
    2. 独学でパーソナルトレーナーの資格を取得した人の口コミ
  6. NSCA認定資格取得支援スクールへの投資もあり
    1. トレーナー認定資格取得支援スクールに通うメリット
      1. 独学にはないメリット:効率的な学習が可能
      2. 独学にはないメリット:時間損失の防止
      3. 独学にはないメリット:トレーナー活動のためのサポート
    2. スクールにはどんな人たちが通っているの?
    3. パーソナルトレーナーのスクール費用は回収できる
    4. 資格取得スクールで資格を取得した人の口コミ
  7. まとめ:まずはNSCAが必要かを考える

資格不要!?パーソナルトレーナーになりたいなら今すぐなれる

資格不要!?パーソナルトレーナーになりたいなら今すぐなれる

パーソナルトレーナーという仕事は、弁護士や医師とは違い、資格が必要な職種ではありません。

Nagai
Nagai

お客さんがいて(集客

できて)場所と器具さえあれば、

トレーニング指導できます。

また、スポーツジムでは以下のような形態で絶えずパーソナルトレーナーを募集しています。

  • (契約)社員
  • 業務委託
  • アルバイト
Nagai
Nagai

つまり、なろうと思えば、

今すぐパーソナルトレーナー

として活動できるのです。

 

NSCAの資格持ってるからといって稼げるわけではない

NSCAの資格持ってるからといって稼げるわけではない

そもそも、NSCAの認定資格を持ってるからといって稼げるわけではありません。

仮に無資格でも、トレーナーとして優秀とみられるケースも多いです。

例えば、次のような場合です。

  • コミュニケーション能力が高い
  • WEBマーケティングの知識があり集客がうまい
  • 潜在ニーズを汲み取った提案ができる
Nagai
Nagai

稼いでいるトレーナーは、

これらのスキルを持って

いる人がほとんどです

「じゃあNSCAの認定資格を取ることは全く意味がないか」というと、決してそんなことはありません。

パーソナルトレーナーの資格「NSCA」とは

パーソナルトレーナーの資格「NSCA」とは

画像引用元)NSCA JAPAN

一口に「NSCAの認定資格」といっても2種類の資格にわかれます。

  1. NSCA-CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
  2. NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)

それぞれ次のように定義されています。

NSCA-CSCS(Certified Strength and Conditioning Specialist)

傷害予防とスポーツパフォーマンス向上を目的とした、
安全で効果的なトレーニングプログラムを計画・実行する知識と
技能を有する人材を認定する資格です。

NSCA-CPT(NSCA Certified Personal Trainer)

健康と体力のニーズに関して、評価・動機づけ
・教育・トレーニングや
コンディショニング全般の指導を行う、
優れた専門的能力をもつ人材を認定する資格です。

https://www.nsca-japan.or.jp/exam/certification/

NSCA-CSCSは、主にアスリート向けの傷害予防などに特化しています。

一方、NSCA-CPTは、クライアントが求めるニーズに合わせてマンツーマンのトレーニング指導を行える人材。

Nagai
Nagai

著者が取得している

パーソナルトレーナーの

認定資格は「NSCA-CPT」

 

NSCA以外のパーソナルトレーナーの資格との比較

NSCA以外にもパーソナルトレーナーの資格はあります。

比較的メジャーな団体が発行する資格を紹介します。

NESTA-PFT

NESTA-PFT

NESTAとは、「全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(National Excercise & Sports Trainers Association)」です。

アメリカのカリフォルニアに本拠地がある団体です。

JATI-ATI

JATI-ATI

JATIは、「特定非営利活動法人 日本トレーニング指導者協会(JAPAN ASSOCIATION OF TRAINING INSTRUCTORS)」です。

2006年に任意団体として創立しました。

NSCAの認定資格を選んだ理由

著者が、NSCAを選んだ理由は3つ。

  • 他2つの資格の中では最も歴史が古い
  • 業界の中での知名度の高さ
  • 資格取得にかかる費用が最も安価
【各資格取得にかかる受験料他(目安)】
NESTA-PFT:10万円

JATI-ATI:11万円
NSCA-CPT:5万円
Nagai
Nagai

上記はおおよその金額感ですが、

その歴史や知名度からNSCAは

”コスパがよい資格”と言えます

 

NSCAの取得、会員のメリット

実際にNSCAの資格を取得して感じたメリットを紹介します。

【NSCA-CPTの資格取得(会員)のメリット】

  1. 各種NSCA資格認定者特典が受けられる
  2. フィットネス普及のための正しい知識が身に付く
  3. 権威性が身に着く

 

①各種NSCA認定者特典が受けられる

①各種NSCA認定者特典が受けられる

これが一番メリットとしてわかりやすいと思います。

【特典】(一例)

  • フィットネスに関わる研修やイベントへの参加
  • ゴールドジム直営店を半額で利用可能

(詳しくは、各種資格認定者特典をご覧ください)

Nagai
Nagai

研修やイベントでは現場の最先端で

活躍するプロのトレーナーの話を

生で聞けるため非常に勉強になります

 

②フィットネス普及のための正しい知識が身に付く

②フィットネス普及のための正しい知識が身に付く

資格取得の過程で得る知識による恩恵として、個人的に1番大きかったのはこれです。

具体的には3つあります。

  1. ジャーナルによる良質なインプット
  2. 自身のトレーニングへ知識を応用できる
  3. 情報の正誤判別ができるようになる

 

①ジャーナルによる良質なインプットができる

具体的には『ストレングス&コンディショニングジャーナル』を閲覧できます。

米国NSCAが発行している英文誌『Strength and Conditioning Journal』、『Journal of Strength and Conditioning Research』、ウェブサイトで連載している『NSCA Coach』 『Personal Training Quarterly』『TSAC Report』の翻訳記事や、NSCAジャパンオリジナル記事(特集)・活動情報などを掲載しております(年10回発行 )。

会員はすべてのバックナンバーを閲覧できます。

https://www.nsca-japan.or.jp/02_admis/privilege/journal.html

Nagai
Nagai

扱うテーマも筋トレが好きなだけ

では触れられないフィットネスの

奥深さが身に染みる内容です

 

【ジャーナルで扱うテーマ】

  • ウエイトトレーニング
  • 有酸素トレーニング
  • 各競技におけるパフォーマンスアップ
  • 機能改善
  • 栄養学 など
Nagai
Nagai

夢中で読み進められるのに

エビデンスにも基づく内容なので

信頼性の担保もバッチリです。

②自身のトレーニングへ知識を応用できること

得た知識を元に自身のトレーニングへ応用できるようになります。

【トレーニングへの応用例】

  • トレーニングのバリエーションを増やす
  • 効果的なプログラムデザインを組む
  • 各種フィジカルテストによる自身のレベルの把握
Nagai
Nagai

結果として、効率的、かつ

極めて安全に身体作りに

取り組むことができます

③情報の正誤判別ができるようになること

良質な情報なのかを見極め、取捨選択ができるようになります。

ネット上には、栄養学や筋トレのノウハウなど様々な情報があふれています。

Nagai
Nagai

中には下記のような

情報の質が著しく低い

ものがあることも事実。

  • 明らかに間違っている情報
  • 悪影響を及ぼす危険な情報
  • 何のエビデンスもなく、サンプル数”1”(「俺の経験談」的な内容)の情報

こうした情報を鵜呑みしてしまうと、結果として損をするのはあなたです。

最悪の場合、健康を害してしまったり、怪我に繋がる恐れもあります。

Nagai
Nagai

資格をきっかけに正しい知識を

インプットできるのでFITNESSの

健全な普及に貢献できます。

③権威性が身に着く

資格をとること自体に意味はありません。

しかし、一定の信頼性の担保になるのは事実です。

 

「フィットネス団体から認定されているトレーナーです!」

 

このように胸を張って言えれば、クライアントさんも安心します。

Nagai
Nagai

お客さまからの信頼を

得られれば、安定的な売上

づくりにも役立ちます。

何より、あなたの自信に直結します。

SNSで情報発信をする際も「フィットネスの専門家の発信」だと思ってもらえます。

Nagai
Nagai

この記事を読んでいるのも、

NSCA認定資格の取得者が執筆した

記事だからではないでしょうか

 

パーソナルトレーナーの資格は不要!? NSCAのデメリット

パーソナルトレーナーの資格は不要!? NSCAのデメリット

ここまでNSCA認定パーソナルトレーナーの資格をとるメリットを紹介してきました。

しかし、パーソナルトレーナーの資格取得にはデメリットもあります。

それは、お金と時間がかかること。

【NSCA-CPTの資格取得のデメリット】

  1. お金がかかる
  2. 時間がかかる

 

例えば、NSCA-CPTの受験費用には45,200円のお金がかかります。

もし、一発で合格できなければ10万円ほどかかる計算。

また、(資格取得期間の目安は後述しますが、)資格取得までの時間もかかります。

Nagai
Nagai

パーソナルトレーナーの資格を

取得するメリットとこれらの

デメリットを天秤にかけるべきです

 

独学でNSCAの資格をとれる人の条件

独学でNSCAの資格をとれる人の条件

以下をすべて満たせる人は、独学でNSCAの資格を取得できる確率が高いです。

  • 出題傾向の把握
  • 過去問の入手
  • 試験申し込み/資格取得条件の正確な把握

実際、上記3つをすべて満たした人の平均的な独学期間は11か月、合格率は70%ほどです。

加えて、「NSCA-CPT受験用問題集セット」と合わせて独学した場合の期間は9か月、合格率は80%。

Nagai
Nagai

問題集の中から出題されるとは

限りませんが、試験範囲や傾向が

つかめるため学習期間を短くできます。

 

まったくの”ゼロ”から教科書のみでの独学をオススメしない理由

 

NSCAの教科書の内容を頭にいれることは必要ですが、教科書のみでの独学はやめた方がいいです。

 

実際、教科書のみで独学した人の独学期間は、約1年2か月、合格率は50%程度まで落ちています。

つまり、出題傾向の把握は必須ということです。

 

基礎知識がほぼない状態で教科書だけでの独学が難しい理由は、その中身にあります。

教科書「NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識」のボリュームは、極めて膨大です

Nagai
Nagai

具体的には、ページ数は

731ページ、厚みは4㎝

ほどにもなります

 

イメージが湧くように、NSCAの教科書の中身を(内容は伏せた状態で)ご紹介します。

ご覧の通り、ページのほとんどが文字でおおわれています。

Nagai
Nagai

重要な用語は太字となって

いますが、この太字の暗記のみ

では試験には受かりません。

教科書の各章の最後には例題が5問ほど掲載されています。

しかし、例題は、実際の試験問題とはかけ離れているため試験対策にはなりません。

教科書だけの独学は効率が悪いので、少なくとも問題集とセットで学習しましょう。

独学でパーソナルトレーナーの資格を取得した人の口コミ

実際に独学で認定パーソナルトレーナーの資格を取得した人の口コミを紹介します。

既に資格を取得した人から教科書や問題集がもらえたので、かかったのは受験費用だけでした
試験問題についても、その人の記憶を頼りに教えてもらって、1年くらいでなんとか受かることができました

教科書の例題は試験対策にならないので、問題集や過去問の入手は必須です
筋トレ好きとかはあまり関係がなく、出題傾向さえつかめれば何とかなる
ただ、申し込み方法とか資格取得条件を調べるのが大変。。

初回は教科書を中心に独学
1回目の受験は基準点が取れず失敗
一発合格したいなら独学はやめた方がいいかも

やはり、以下がポイントになっています。

  • 試験問題の傾向把握は必須
  • 申し込み方法や資格獲得条件などの把握も必須
  • 独学での学習期間は1年ほど

1回目は試験に落ちている人がいることからも、学習の進捗度合いと試験を受けるタイミングの見極めが必要です。

 

NSCA認定資格取得支援スクールへの投資もあり

NSCA資格取得支援スクールへの投資もあり

  • 「過去問も入手できないし、独学は不安…」
  • 「お金もかかるし、一発合格したい」
  • 「はやく資格をとってトレーナーとしての活動をはじめたい」

 

こうした方には、パーソナルトレーナーの資格取得支援を行うスクールへ通うことをおすすめします。

優良なトレーナー育成スクールの場合、平均の学習期間は3か月~6か月程度、合格率も90%以上です。

 

トレーナー認定資格取得支援スクールに通うメリット

NSCAなどの認定資格をとるためにスクールに通うメリットは、以下の通り。

  1. 資格取得のための効率的な学習が可能
  2. 時間損失(機会損失)の防止
  3. 充実したトレーナー活動のためのサポート

独学にはないメリット:効率的な学習が可能

トレーナーの資格取得に特化したスクールなら、非常に効率的に勉強できます。

スクール側が、以下のようなノウハウや情報を保持しているためです。

  • 試験問題の出題傾向の把握
  • 教科書の重点ポイントにフォーカスした学習
  • 過去問の情報
Nagai
Nagai

NSCAの資格取得に本当に

必要な部分に限って効率的に

勉強することができます

独学にはないメリット:時間損失の防止

独学にはないメリット:時間損失の防止

独学ではできない効率的な勉強の結果、独学の半分以下の時間で資格をとることができます。

以下のようなムダな時間がないためです。

  • 独学で迷う時間
  • 試験に直結しない勉強の時間
  • 試験に落ちた場合の再勉強の時間
Nagai
Nagai

結果、まわりよりもはやく

パーソナルトレーナーとして

活動をスタートできます。

1日でもはやくパーソナルトレーナーとして働き出せれば、学習にかかった費用も回収できます。

 

独学にはないメリット:トレーナー活動のためのサポート

独学にはないメリット:トレーナー活動のためのサポート

スクールによっては、資格取得だけではなく、以下のような各種サポートがあります。

  • パーソナルトレーナーとしての就職支援やジム紹介
  • 面接練習/自己PRコンサルティング
  • 独立開業支援(物件選定/集客サポート)
Nagai
Nagai

独学だと資格を取得するまでですが、

スクールはパーソナルトレーナーとして

活躍するまでをサポートしてくれます

 

スクールにはどんな人たちが通っているの?

スクールにはどんな人たちが通っているの?

スクールには、以下のように本当にさまざまな方が通っています。

  • 大学生
  • サラリーマン
  • フリーター
  • 筋トレ未経験の主婦の方
  • アマチュアアスリート
  • 理学療法士
  • 独学で資格取得できなかった方

著者が知っているだけでも本当に多種多様です。

学校や本業の仕事、主婦業などをこなしながらの方も多く、1日1~2時間しか勉強時間がとれない方もいます。

ただ、それでも効率的な学習ができるため、3か月~6か月程度でNSCAなどの認定資格試験に合格しています。

Nagai
Nagai

最近ではオンラインで

学習できる環境を提供する

スクールも増えています。

 

パーソナルトレーナーのスクール費用は回収できる

勉強につかった時間は戻ってきません。

しかし、NSCAなどのパーソナルトレーナーの資格に費やしたお金は回収できます。

 

たとえば、資格取得支援スクールに100万円を払ったとします。

その後、NSCA認定パーソナルトレーナーの肩書やその知識を活かして、月収30万になったとすれば、約3か月で回収できます。

Nagai
Nagai

月収50万稼げるなら、

2か月で自分に投資した

お金はペイできます。

「投資したスクール費用をすぐに回収する!」といった気持ちがモチベーションにもなります。

だからこそ、試験合格後も資格取得して終わりではなく、投資回収のための積極的な行動ができるのだと思います。

Nagai
Nagai

以上が、資格取得のために

スクールに通うという選択は

ありだとする理由です。

 

 

再度スクールに通うメリットをまとめます。

  1. 資格取得のための効率的な学習が可能
  2. 時間損失(機会損失)の防止
  3. 充実したトレーナー活動のためのサポート

いくつかのスクールのカリキュラムや内情を知っていますが、費用やサポートが良心的で、オンライン指導にも対応している「ASPトレーナースクール」はオススメできます。

詳しくは、「2か月で資格取得が目指せる個別指導型トレーナー育成スクール『ASPトレーナースクール』の紹介」をご覧ください。

 

資格取得スクールで資格を取得した人の口コミ

 

スクールは数十万はするけど、専門学校よりは安いし、必要経費だと思います
無事2か月で資格もとれました

NSCA一発合格できたのは、スクールの模擬試験や過去問などが大きかったと思う

資格とれた後のパーソナルトレーナーとしての就職支援サポートがよかった
本格的にトレーナーとして活動しています!

 

まとめ:まずはNSCAが必要かを考える

 

前述の通り、資格が無くてもパーソナルトレーナーは名乗れます。

ただ、資格をとることのメリットは確実にあります。

条件さえ満たせば、少し時間はかかりますが、資格は独学でも取れます。

【まとめ】

  • 資格取得自体に意味はないが、メリットはある
  • 資格取得までにかかる期間
    独学:約1年2か月
    スクール:最短2か月/平均6か月
  • 以下ができるなら独学でOK
    出題傾向や各種手続の把握/過去問入手/実技指導

まずは、NSCAなどの資格が本当に必要かを考えましょう。

Nagai
Nagai

もし、必要だと判断した場合、

出題傾向の把握や過去問入手が

できるのであれば独学でOKです

そうでない場合は、効率面から考えて、自己投資としてスクールの利用を検討するべきです。

色々なスクールを見たり、評判を聞いてきた中で総合的におすすめできるスクールは、「2か月で資格取得が可能なオンライン個別授業型のトレーナー育成スクールレビュー」で紹介しています。

遠回りして出遅れてしまわないために、少しでも気になったらチェックしてみてください。

 

 

コメント