【ダイエットに地道な努力・強い意志は不要】効果的に痩せる方法

【ダイエットに地道な努力・強い意志は不要】効果的に痩せる方法のヘッダー画像

 

20代半ばで体型が気になりだしてこのままじゃヤバい!と思い、ダイエットを決意

 

巷に出回る糖質制限をはじめとする色々な方法を試してみたけど一向に痩せる気配なし!

 

「これはもうジム通いか皇居RUNを始めないとだめかな」

 

とは思うけどそんな時間もお金もないし…

 

「わたしは、ダイエットのためにできれば地道な努力もしたくないし、そもそも意思も弱いから痩せられない」

「なんてわたしはだめなんだ…」

 

ここまで読んで

「私のことだ!」と思ったら読み進めてください

 

今日は、「痩せるため必要と言われている誘惑に負けない意思の強さと地道努力は必要ない!」ということをパーソナルトレーナーの資格を保有する著者がお伝えします

 

注意して欲しいのは、僕は決して「努力を否定」しているわけではありません。

むしろ努力は好きなほうです

 

あなたも含めてダイエットを思い立った誰もが、その人なりに努力していると思います。

 

あなたは、「自分には努力が足りない、もっと頑張らないと!」と現在考えていたり、過去に考えたかもしれません

 

断言します。

それは間違いです。

 

努力とは、目標の実現のため、心身を労してつとめること

つとめることそれ自体のことです

 

だから足りないとか、もっと頑張るとかそういうあなた次第で調整可能なものではないです。

あなたが心身を労して発揮している一定のエネルギーだと僕は思っています

 

たとえば、ジャンクフードばかり食べていてまったく運動しない人

 

ダイエットに取り組んでいる人や健康に気をつかっている人から見たら怠惰にみえます。

そうした人に嫌悪感を抱く方もいるかもしれません。

 

でも、彼らは彼らなりに努力しているはずです

 

「今よりもよりよい状態になりたい」

「痩せたい」

「健康になりたい」

「そのためにダイエットしなければ!」

 

そういう気持ちは、いつも持っているはずです

まわりからみて痩せて健康になる気がないように見えるだけで本人はベターな状態を目指したいと思っているはずです

 

ではなぜ痩せれないのか

 

それは環境が悪いから

 

職場の近くに近くにハンバーガーショップしかなかったら自炊しない限りは、そこで買って食べますよね

職場の上司からのストレスで過食になっているのかもしれません

本当はジムにいきたいけど仕事が忙しくてジムに通う時間がないだけ

 

ジャンクフードばかり食べていてまったく運動しない人は、彼の怠慢でそうなっているのではなく彼を取り巻く環境がその状態にしているだけです

 

いつもは結論から書いているのに今回は引っ張ってしまいましたが、本コラムで伝えたいことはこれです

 

あなたが痩せないのは、努力とか意志とかあなたに内在するもののせいではなくて環境のせいです

単に「環境が悪い」だけです。

 

みんな何かしらの努力をしている状態です

自分なりに、彼らなりに、あなたなりに

 

しかし、その努力が実らないなら、それは環境が悪い、ということです

 

それに気づかず、自分の意志力でなんとかしようとした結果、途中で挫折してしまうのです

 

人は、環境で変わります

 

痩せるためには、痩せるための環境を作るところがスタート

ジムの入会申込用紙への記入や糖質制限ダイエットの購入は、環境を整えてからにしてください

 

あなたがあなたの意志や行動、その他パフォーマンスをコントロールできるわけがないんです

 

劣悪な環境にいれば、僕も含めてみんな努力しても挫折します。

結果は出ません

 

まずここまでで

①あなたが痩せない原因は環境のせい

②結果を出すためには、環境を変えるところから

の2点をお分かり頂けたかと思います

 

では、具体的にどのような環境にするのか?

 

ハーバード大学で人気第1位の講師ショーン・エイカーShawn Achor)が自身の著書で書いている「20秒ルール」を使いましょう

環境を少しだけ変えてみるのがダイエットの成功の近道です。

 

【20秒ルールとは】

身に付けたい習慣:いつもより20秒手間がかからなくする

やめたい習慣:いつもより20秒時間がかかるような仕掛けをする

 

例えば、まずはお菓子の間食を無くす取り組みをするのであれば、すぐ目につく場所にお菓子を置いておくのではなくて、取りに行くのがめんどくさくなるような場所に置いておくとか、空けるのが大変な缶に入れておくようにしましょう

 

こうするとお菓子を取りに行ったり、探しに行くのがめんどくさくなって、お菓子を食べるまでに20秒以上かかるはずです

結果、間食でお菓子を食べる、という回数は確実に少なくなります

実際、お菓子は目の前に出ている場合と棚等にしまってある場合を比べるち前者の方が6倍も多く食べちゃうっていう傾向があります。

 

お菓子を遠ざける、普段目につくところに置かないようにするってことは非常に効果的です

 

とにかく、いつもより20秒程度の手間が発生するような仕掛けをしてください

その環境があなたの身体を確実によい方向へ変えます

 

まあ、そもそもお菓子を買わない、食べない、というのが一番いいですが、意志で人は変わらないのは先ほどお伝えした通りです

 

逆に、ダイエットのために新しく取り組みたい習慣や続けたい習慣はすぐ行動できたり、常に見えるようにしておくべきです。

 

ジムやヨガになかな行けない場合、例えば、ウェアやタオルなどの用具一式を入れたバッグを玄関のドアにかけておけば準備のための面倒くさい手間が省けます

しかも、外出するときにこのバッグが絶対見えるためあとはこれを持ってジムへ向かうだけ

 

こういったちょっとした環境を変える工夫をすることで非常に行動しやすくなるはずです

ダイエットのために習慣化したいこと、やるべきことは20秒早くできる環境を作ることをオススメします。

 

■まとめ

・【あなたは悪くない】あなたが痩せない原因は環境のせい

・痩せたいなら環境を変えよう

・やめたい習慣は20秒余計に時間がかかるような環境を作ろう

・習慣化したいものは、20秒はやく取り組めるような環境を作ろう

 

【人気記事】女性の為のおすすめパーソナルトレーニングジム10選

女性の為のおすすめパーソナルトレーニングジム10選<都内中心> 
本まとめの信頼性・本まとめの著者は、米国認定パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)資格保有者・各コラムの内容については、可能な限り各種研究などエビデンスを参照して執筆スタイルアップ/...

 

 

コメント