【老け手防止】男性の好きなパーツ1位は手!手の甲/手の平ケア方法

【老け手防止】男性の好きなパーツ1位は手!手の甲/手の平ケア方法

 

 

以前「 ジムで腕の傷や皮膚トラブルを隠せるアイテムというテーマについてお話しました

 

 

今回は、その続編

 

 

(主に男性向けに)手の甲のトラブルやこれからジムでトレーニングを

じめようと思っているあなたが知っておくべきハンドケアとその対策について紹介します。

 

 

 

「細い色白の腕がコンプレックス…」

 

「夏は半袖を着るも多いし、皮膚の露出も増えるし、特に憂鬱」

 

「筋トレで腕を太くしたい」

 

 

コンプレックスを克服したいという想いがきっかけでジムに通う決意をすることは素晴らしいことだ思います。

 

 

問題は、腕というパーツにしか着目していないこと

 

 

手、手の平(掌)にも目を向けるべきです

 

 

 

「たくましく太い見栄えのいい腕にはなった!」

 

でも…

 

「手の甲はしみでくすんでしまった…」

 

「手の平はザラザラでマメだらけ…」

 

 

これじゃあシャツからのぞくたくましい腕の魅力も半減します

 

 

 

例えば、サラリーマンで営業職であればお客さんと握手をする機会もあるし、某アイドルの握手会という機会あるもしれません

 

時計にも目はいきますが、時計を付けている手の甲にも目はいきます

 

 

 

それだけではありません

 

 

厄介(?)なのが、あなたが思う以上に手の甲や手の平ってみられているんです

 

 

 

【アンケート】「男性のパーツどこが好き?」

 

 

【アンケート】「男性のパーツどこが好き?」

参考)https://youpouch.com/2016/11/05/394657/

 

 

女性に支持されているのは圧倒的に手と指です

 

 

次に腕

 

腕を太くするよりも手のケアが先です

少なくとも同時並行でしょう

 

 

胸板、肩幅、お尻よりも手の方が優先度高いです

 

しつこいですが、ベンチプレスよりもサイドレイズよもスクワットよりも手のケアが先

 

 

 

Tシャツからのぞく太い上腕と前腕は夏限定ですが、真冬に手袋でもしない限りあなたの手はずっと露出されます

 

そして見られています

 

 

 

手のケア ~手の甲~

 

症状別にケア方法を紹介します

もちろんやれるなら両方やってください

 

 

 

①しみ/くすみが気になる場合

 

②血管、毛穴が目立つ/ハリがない場合

 

 

 

 

①しみ/くすみが気になる場合

 

結論、日焼け止めクリームを外出前に手の甲に塗りましょう

 

 

紫外線で皮膚は老化します

メラニンによってしみやくすみができます

 

 

「外出前に毎回甲に日焼け止め塗るなんてめんどくね?」

 

その通りだとおもいます

 

 

ですので、こういうポンプタイプがオススメです

 

場所はとりますが、1プッシュを片方の手の甲にとってもう片方の甲とすり合わせるだけなのでラクチンです

 

外出前の時間のないとき、キャップのあるチューブ型の日焼け止めだと、キャップの開け閉めとか煩わしいですからね

 

キャップ落として、それを拾うといったロスもありません

 

 

スキンアクア」であれば、(正直)”水”とまでは言いませんが、スっとなじんで

サラサラな付け心地なので「日焼け止めクリームのあのべたべたする感じがきもい!」って人でも大丈夫だと思います

 

 

ただの日焼け止め効果だけしかないタイプのものも多いですが、ヒアルロン酸や

コラーゲンなどの”うるおい成分”も含んでいるため、皮膚のかさつきにも有効だと思います

 

 

 

【メリット】

 

・ポンプタイプなので1プッシュで素早く塗れる  ※ただし置き場所は取ります

 

・付け心地◎ ベタベタ、ヌルヌルしない

 

・かさつきにも効果的

 

・日焼け防止効果以外にうるおい成分(※)も配合

  ※スーパーヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、アミノ酸、コラーゲン など

 

 

 

ちなみに、スプレータイプの日焼け止めもありますが、どちらかというと頭や顔など

クリームを塗るのが面倒くさくて、面積の大きい部位に適しています。

 

 

スプレータイプは、これが大容量でオススメ

 

玄関に置いておいて、外出直前に頭、顔にサッとひと吹きでOKです

大容量な分、スプレー缶がでかいのでこれも置場所はとります

 

 

 

 

②血管、毛穴が目立つ/ハリがない場合

 

「紫色、青色の血管が浮いてる」

「はりがないというかもはやカサカサ」

「なんか毛穴も目立つ…」

 

 

 

 

突然ですが、【手年齢チェック】

 

 

手年齢チェック

https://www.handpurena.com/pc/index_afi.html

 

 

あなたの手は何歳でしたか?

 

 

手年齢も実年齢と同等、もしくは実年齢よりも若い(!)

 

そんなあなたは…

 

おめでとうございます!

 

 

油断せずに人(特に異性)にいつ見られても大丈夫なように、

これからも手の甲を大事にしてしっかりケアしてあげてください

 

 

 

「実年齢より手年齢が上だった…」

 

「あまり自分の手の甲をまじまじ見たことはなかったけどよく見ると老け気味…」

 

「もう手遅れじゃん…」

 

 

 

なんて悲観的にならないでください

 

 

大丈夫です。

 

 

もしそのまま放置すれば、手も老化の一途をたどることになりますが、

今からしっかりとケアしていければ十分キレイな手を取り戻すことはでると思います

 

少なくとも、今よりも悪化させないように取り組むことが大切

 

それにはハンドクリームを塗ることを習慣にすること

 

 

 

ハンドクリームであれば、しみのレーザー治療ほどハードルは高くないですよね

 

 

以下オススメクリームとその特徴の紹介です

 

 

 

コスパ重視のベースケア

 

「まずはこれからのためにベーシックなハンドケアを始めたい」

 

「とにかくコスパ重視」

 

 

ということであればニベアクリーム(169g)」がおすすめ

 

 

(近くで嗅ぐと)濃厚なクリームらしい優しい香りです

濃いクリームなので付けすぎ注意です

 

 

全身に利用できるニベアクリーム

 

これはメリットでもあります

 

ただ、本気で”ハンドケア”をするのであれば、手のケアに特化したハンドエイジングケアクリーム”いいと思います

(後ほど詳しく紹介します)

 

 

「男だし”ニベアメンクリーム”にしよ!」って方もいると思いますが、

香りが強いので個人的にはおまりオススメしません

 

 

”The 男の化粧品”というかんじの香り

 

人によっては、シニア向けの整髪料の香りと感じる方もいるかもしれません

 

 

量も75gですし、僕は無印派です

 

余裕があれば、両方試すのがいいかもしれません

 

 

 

ハンドケアに特化した集中ケア

 

「手年齢診断で実年齢より上だった」

 

「手の甲を人前で堂々と出せるようにしたい」

 

 

そんなあなたにはハンドエイジングケアに特化したハンドピュレナクリーム」がおすすめです

 

 

ハンドケア専用クリームですので、ややお値段は高いです(税別2,970円)

 

 

 

ただ一生付き合う手

 

 

惰性で”いつもの”飲み会にいくなら、その手に投資すべきだと思います

 

 

 

1日2回、就寝前(必須)と朝出かける前につけるのがいいです

 

 

ちゃんと継続すれば、はやくて2週間目から効果を体感できます

 

 

 

ちゃんと継続すれば、はやくて2週間目から効果を体感できます

 

 

 

購入後の手厚いカウンセリング(電話/メール)が無料で受けれるのもいいですね

※追加で押し売りされる!なんてことはないのでご安心ください

 

 

 

毎日ちゃんとつかってみて「効果が微塵も感じられない!」って場合は”使用済”でもこちらから全額返金申請ができます 

 

その他、気になる問い合わせはこちらから

 

 

 

 

手のケア ~爪/指先~

 

「爪の生え際が荒れてるんだよね」

 

「ささくれができやすいんだけどとりあえずこれもハンドクリーム塗っとけばいい?」

 

 

そんなあなたには、Burts Beesのネイルケアクリーム」をおすすめします

 

 

Burts Beesの「ネイルケアクリーム」

 

 

このパッケージ、かなり怪しく、ダサくみえるかもしれません

 

よく言えば、レトロチック

 

海外の路地裏にある店でこのパッケージで売っていたら間違いなく買わないでしょう

 

 

 

しかし、成分と使いやすさは抜群です

 

 

アーモンド油やレモン果皮油などの天然由来の成分なのでデリケートなささくれ部分にも安心して使えます

 

 

そして一番は、”油っぽくないので塗った直後から作業できる”こと

 

 

爪、指先専用クリームなのに、べたつかず、素早く浸透するので塗った直後にダンベルもてます笑

 

 

手の指だけじゃなく、足の指にも使えるので、冬の感想する時期や

夏場サンダルなどで足の指の露出が多くなるタイミングにもオススメです

 

 

 

時代は変わりました。

 

今や男も化粧をする時代。

 

 

「そのうち…」

 

「まだ大丈夫 」

 

とか言ってないで、今からケアをはじめるべきです

 

 

ここでケアを先送りしていては清潔感を損ないます

 

あなたの感覚すら疑われてしまう可能性もあります

 

 

一生付き合う手

いつも重いダンベルを持っている手

 

労わってあげてください

 

 

 

 

手のケア ~手の平(掌)~ ※筋トレ編

 

 

 

【結論】

手の平にマメを作りたくないなら、トレーニング用グローブ必須

 

【補足】

「Versa Gripps(バーサグリップ/パワーグリップ)」でもつけないよりはマシ

 

 

 

 

マメができる部分やその大きさは、手の大きさやかたち、また、ダンベルなどの握り方により様々です

 

 

基本なにかしら握りますからね

ジムでは

 

 

マシンであれば、握る部分がゴム素材などで手の平へのダメージが少ないものもあります

 

しかし、これがダンベルやバーベルだとそうはいきません

 

 

完全に鉄、剥き出し

 

 

そんなもん定期的に握っていたらそりゃーマメもできます

 

 

 

ちなみに僕はこんなかんじ(お見苦しくてスイマセン)

 

各指の付け根にマメできちゃってますね

 

各指の付け根にマメできちゃってますね

 

 

けっこう目立ちます

 

しかも、マメの部分は像の皮膚みたく固くなっています…

 

 

これでも手の平の保護の意味もかねてVersa Gripps(プロ)使ってたんです

 

 

それでもこのザマ

 

 

 

ベンチプレスなどの押す系種目より、引く系の種目(ラットプルダウンとかシーテッドロウ)マメはできやすいです

 

 

ベンチプレスなどは手の中心にバーベルがきて、そこで固定されます

しかし、引く系種目だと握りこんで引くので手の平の皮が指方向に挟み込まれるかたちになります

 

 

これによって指の付け根に摩擦が生じ、マメができるのだと推測されます

 

 

よくVersa Grippsを装着することで

 

「もう1レップ(回)引ける!」

 

「握力をサポートできるため中にしっかり効かせられる!」

 

とか言いますが、個人的には手の平の保護という面でも効果を感じてました

 

 

それでもマメはできました

 

 

付けてなかったらもっと酷いことになっていたでしょう

 

 

上記踏まえて、これから僕が筋トレ始めるとしたら、Versa Grippsではなく、ウエイトトレーニング用のグローブ買います

 

 

今はGW SPORTSのグローブです

 

 

カバー範囲が広く、フィット感もよいのでがっつり手の平保護できます

 

 

夏は暑いと思いきや、通気性がいいのでそこまで煩わしさは感じません

 

 

 

以下Amazonリアルレビュー抜粋です

 

 

タイトルの通りマメが出来なくなりました。

その他には手の平側の滑り止め加工によりダンベルのホールド力も上がり安全性向上にも貢献してくれます。

フィット感については流石に有名ブランドのグローブには敵いませんが使用上全く気にならない快適性です。

オススメできます。

 

 

 

ダンベルを使ってマメができていたのですが、きれいに無くなりました。

たまに手の平が痛いことがあったのも無くなり、筋トレに集中できるので助かります。

一時期は軍手を使っていたのですが、やはり専用のグローブは全然違いました。

もっと早く買っておけば良かったです。

 

 

 

注意点は、タイト目のサイズを選ぶこと

 

 

じゃないと、(マメまではできませんが、)手がグローブ内でずれて握りづらいです

 

 

 

下の表を参考にタイト目を選びましょう

 

 

注意点は、タイト目のサイズを選ぶこと

 

 

 

 

 

「男は手がごつごつしているくらいが丁度いい」

 

 

それは都合がよすぎます

 

 

手繋いだ時にマメだらけのボコボコした感触あったら嫌じゃないですか?

 

 

プロのウエイトリフターの方であれば、職業上仕方ないかもしれません

 

 

でも一般人である僕らは筋トレが人生に悪影響を及ぼさないよう注意・対策すべきです

 

 

異性から見られる頻度が高く、評価されるのは圧倒的に手

 

 

 

ハンドケアをやらずに後悔するより、ハンドケアをやって満足する方が断然いいと思います

 

 

コメント