紫外線対策”だけ”は時代遅れ!美肌のためのブルーライトカット対策

 

このサイトでは、たびたびブルーライトの

悪影響とその対策について紹介しています。

 

ブルーライトで睡眠の質が低下するのはもちろん

過去には肥満やメタボにもなるよ

ってことも紹介しました。

 

 

今回は筋トレやエクササイズでもたらされた

せっかくのアンチエイジング効果が

ブルーライトで水の泡になるって話です

 

UVケアと言われて久しいですが、

もうUVケア”だけの”日焼け止めは古いです

これからは若くハリのある美肌を保つために

ブルーライトケアという要素が必須です

 

 

UVA」をご存知でしょうか。

 

UVAは、地表に届く全紫外線のうち約95%を占めます。

それ自体のエネルギーは弱いものの、照射量が多く、

浸透力が高いので肌に与える影響は深刻。

浴びたUVAの20-30%が肌の奥の真皮層にまで達すると考えられており、

ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを

作り出す繊維芽細胞に損傷を与えます。

その結果、UVAを浴びた肌は弾力を失い、

シワやたるみといった肌の老化現象を引き起こすと考えられています。

UVAはさらに、メラニン色素の合成を増やし、シミが目立つ原因をつくります。

紫外線によって生じるシミ、シワ、たるみは「光老化」と呼び、

肌老化の3大特長と言われています。

http://www.nihon-loreal.jp/uva/uv_ray/uva_uvb.html

 

 

一言でいうと、しみ、しわ、たるみを

作り出す光の波長のことです

 

「太陽の下で日焼けしなきゃいんでしょ!」

って思うかもしれません

それが今までの常識でした

 

しかし、近年ブルーライトが、このUVA同様に、

活性酸素を発生させ、あなたの皮膚の老化を

引き起こすことが危惧されています。

 

 

マウスを用いた実験では、青色(ブルーライト)、緑色、赤色、

遠赤外線など各種類の光を照射し血液検査を行ったところ、

青色(ブルーライト)の光のみマウスの血液内の

ミトコンドリアに酸化ストレスを発生させることが判明しました。

 

これは、UVA同様にブルーライトがあなたの身体に

活性酸素を発生させ、皮膚の老化、

つまり、しみ、しわ、たるみを誘発するを示唆しています。

 

参考)

Blue light-induced oxidative stress in live skin.

 

 

 

太陽の紫外線は、昼間外にでなければ

浴びることは少ないかもしれません。

 

しかし、パソコンは仕事などで室内でも使いますし、

スマートフォン24時間365日ブルーライトを

あなたへ照射し続けています。

 

アンチエイジングに取り組むなら、

ブルーライト対策は必須です。

 

 

パソコンの画面、スマートフォンの画面には

ブルーライトをブロックできるシートを貼り、

可能な限りブルーライトカット効果のあるメガネを

着用しましょう

 

 

これから夏本番

 

 

普段日焼け止めを使っている方であれば、

日焼け止めはUVカット+ブルーライトカット効果の

あるものを選ぶとよいと思います

 

 

これとか、ブルーライトカット効果、

さらにはPM2.5にも対応しているので

個人的におすすめです

Sun Screen α(サンスクリーン)

 

 

 

 

余談ですが、室内ジムでも安心できません

窓ガラスにUVカット加工がなされていなければ、

屋外にいるのと同様のダメージをあなたの肌は受けます

 

ジムで運動した結果老化しないためにも

日焼け止め対策はしっかりした方がいいと思います

 

 

もしあなたがメンズで

「いちいち日焼け止め塗るなんてめんどくさい!」

と思うなら、(その気持ちはすごくわかりますが、)

玄関で一瞬で紫外線対策ができる

”スプレータイプ”がおすすめです

 

僕は以下の使い分けです

 

 

家(出るとき)用:

 

 

ぼくが見た限りこれが一番大容量です

 

 

 

外出時(に塗り直す)用:

 

 

べた付かないし、白くなりにくいです

スプレーの効果を考慮して、できれば

2〜3時間に1回は塗り直したほうがいいと思います。

 

 

 

いつまでも若々しく、

「(鏡の前で)老けたな…」

なんて思うことのないように、

男女問わずブルーライトと紫外線対策は

しっかりやることを強く推奨します

 

 

 

コメント